無料でもらえる通信教材はこちら ▷▷

賢い子に育てるには乳幼児期の「外遊び」が欠かせない。その理由は?

知育に役立つ豆知識
スポンサーリンク

この記事では、賢い子に育てるには乳幼児期の外遊びが欠かせない理由について解説しています。

「外遊びで賢い子に育てる方法をしりたい。」
「賢い子に育てるために外遊びをさせたい。」

でも

「外で遊ぶことで本当に頭がよくなるの?」
「外にでかけるのがめんどうだなあ。」

と思うことありますよね。

乳幼児期は、頭のいい子を育てるために1番重要な時期です。

乳幼児期に家の中でずっと過ごしていると、大きくなったときに必要な能力を育てる貴重な機会を失ってしまいます。

この記事を最後まで読めば、外で遊ぶことがいかに重要かわかり、ママやパパ自身のモチベーションが高まります!

具体的には

・乳幼児期に外遊びが欠かせない理由4つ
・0歳からできる具体的な外遊びの方法
・外遊びで意識したいポイント

についてご紹介しています。

ぜひ、参考にしてくださいね。

賢い子に育てるには乳幼児期の外遊びが欠かせない理由

selective photo of a girl holding bubbles

外遊びは、難しい勉強ではありません。

でも外遊びは
「生きるために必要な要素がたくさんつまっている学びの場」
です。

では、なぜ乳幼児期の外遊びで賢く育つのでしょうか?

理由は
「体全体をつかい遊ぶことで、脳がさまざまな刺激をうけ活性化される」
からです。

ちょこ
ちょこ

外遊びで「どんな能力が育つのか?」気になりますね。

外遊びをすることで

応用力や創造性が育つ

集中力が身につく

がまん強くなり、忍耐力が育つ

学習力・運動能力の向上

が期待されます!

体験者のママさん
体験者のママさん

外遊びでどうして頭がよくなるのか。

その仕組みも気になりますよね。

それでは、1つずつ説明していきます。

応用力や創造性が育つ

まね遊びや、くりかえし体験をすることで遊びが進化しいろいろな工夫や創造力が生まれます。
 
最初は、まねから始まる遊びでも、くりかえすことで
「なぜだ?」
「どうやったらうまくできる?」
と考えるようになり、遊びに工夫がされ、新しい遊びが作られることもあります。
 
ちょこ
ちょこ

仲間と遊びながらルールを作ったり、遊びを学び合うことで状況に合わせた応用力・適応する能力も高めることができます。

応用力を育てるためには、考える力をつけさせる」
ということです。
考えさせる習慣を作るには、外遊びが最適な学び場になるのです。

集中力が身につく

夢中になって遊ぶことで、一つのことに注意を向け集中して取り組める力を伸ばすことができます。
 
集中力は、無理やり人に指示されてやらされている時に高まるのではなく心がリラックスし、自発的に好きなことを楽しんでいるときに高めることができるのです。
 
ちょこ
ちょこ

遊びに没頭していたら、集中している証拠。

体験者のパパさん
体験者のパパさん

うちの子も滑り台に夢中になる時期があったなあ。

小さいころから何かに集中する経験を積み重ねていると、集中力が養われるようになり、物事に対して最後まであきらめずにやりとげよう!と頑張れる子に育ちます。

がまん強くなり、忍耐力が育つ

成長と共にがまんする気持ちがわかるようになるのは、2歳ごろから。
 
他の子に道具をゆずれなかったり、家に帰る時間になっても
「もっと遊びたいのに。」
「つらい。」
と泣き出したり。
 
上手にできないとき
「くやしい!」
「なんで上手にできないの!」
と何度もチャレンジしたり。
 
こんな感情がでてきたらすこしずつがまん、忍耐を教えていくチャンスです。
 
忍耐心やがまん強さは、周りの大人たちが教えてあげることで育ちます。
 
あきらめず根気よく、がまん強い子に育てる環境をつくりましょう。
 
ちびちょこ
ちびちょこ

がまんできるようになると、頭がよくなるの?         

学習で最も必要なのは「あきらめないでやり抜くねばり強さ」です。
今やるべきことに熱心に取り組むその意欲と姿勢の土台は、外遊びの経験をもとに作られます。

学習力・運動能力の向上

体全体を動かすことで
 
・運動神経が発達して運動能力が高まる
   ↓
・記憶力も高まる
   ↓
・学習する力を高められる
 
ことが科学的にもわかっています。
 
外遊び=体を動かすことで、脳が刺激され頭が良くなるのです。
 
ハーバード大学のレィティ博士のベストセラー「脳を鍛えるには、運動しかない!」では、最新の脳科学で証明した結果をもとに体を動かす重要性を解説をしています。
 
家庭でできる運動遊びも紹介されているので、こちらもぜひ読んでみてください。
脳を鍛えるには、運動しかない!
created by Rinker

【賢い子に育てる外遊び】その方法とは?

Family, Kids, May 1, Photographing Children

「赤ちゃんと外遊びって何をすればいいの?」
「まだしゃべれないし、歩けないから・・」

そんな不安もあるかと思います。

でも、

赤ちゃんにとっては、外の世界はすべてが未知の世界。

外に出て一つ一つ間接的に体験することが、賢い子に育つ外遊びの第一歩なのです。

ちょこ
ちょこ
 
 

五感をつかい良質な刺激を脳に与えることで「脳神経のシナプス」が増えて賢い脳になります。
賢い子に育つ外遊びは、抱っこ期からすぐはじめることができるのです!

次に、赤ちゃん期と幼児期それぞれの外遊びのポイントについて説明していきます。

赤ちゃん期はどんな外遊びをすれば賢くなる?

最初は無理のない目的地を決め、すこしずつ一緒に外にでるぐらいの気持ちで初めてみてはいかがでしょうか?

赤ちゃん期に賢い子に育てる外遊びは、ずばり”保護者の語りかけ”がポイントです!
ちびちょこ
ちびちょこ

あかちゃんはしゃべれないけど、ちゃんと聞いて、感じている!

赤ちゃんは好奇心であふれています。

  • ベビーカーに乗ってでこぼこ道を移動する感覚
  • 日陰や影の感触
  • 肌に当たる風の感触
  • 車やバイクの音
  • にぎやかな人の声
  • いろいろなにおい
  • 草木が揺れる様子
  • 何かをさわったときの感触

語りかけとともに「見て、聞いて、さわって、感じる外体験」をすることで、賢い子に育つ外遊びが始まります。

体験者のパパさん
体験者のパパさん

赤ちゃんの世話って行きづまりやすいし、ほんとうに大変だと思います。

僕は、気分転換に外の空気をすいに出ることがよくありました。

一緒に赤ちゃんを連れて出ると、さっきまでぐずってたのに外の空気にふれたとたん機嫌が良くなったことが何度もありました。
僕の話しかけを聞きながら赤ちゃんも一緒に気分転換してた気がするなあ。

体験者のママさん
体験者のママさん

保護者と赤ちゃんの「安全」を第一優先し、「外遊び」を意識しながら楽しい時間をすごせたらいいですね。

幼児期はどんな遊びが効果的?

boy stepping on rocks in playground during daytime 赤ちゃん期での間接体験のあとはさまざまな直接体験を通し体全体を成長させていきます。
 
1歳を過ぎて歩けるようになることで、直接体験が増えていきます。
 
ちょこ
ちょこ

赤ちゃんが自由にあちこち行けるようになった頃は、ちょうど好奇心が爆発する時期です。

幼児期の赤ちゃんの気持ちを察してみたら

「さわってみたい!」

「のってみたい。」

「おもいっきり走ってみたい。」

「あの子のまねをしてみたい!」

「あれもこれも、やってみたい。」

と好奇心であふれた感情かもしれません。

体験者のママさん
体験者のママさん

うちの子は、いつも外にでると好奇心があふれすぎて、興奮状態MAXになることがよくあったなあ・・(苦笑)

その様子を見て、つい吹き出すことがありました。 

遊び場は安全なところを選び、体を自由に動かして遊べる場所がいいです。
 
特に頭に刺激を与えるならちょっと心拍数が上がる遊びや運動がおすすめです。
 
運動量が増えることで心拍数があがり血行も良くなるだけでなく、脳の機能が活発になり記憶力や思考力が高まります。
 
おにごっこ、かけっこ、なわとび、サッカーなどは心拍数が上がる遊びです。
体験者のパパさん
体験者のパパさん

よく、近所の子供たちを集めて遊びました。

僕が鬼役になって、子供たちを力いっぱい走らせたな。

ちびちょこ
ちびちょこ

いっぱい外で遊んだ日は、ごはんもたくさん食べるし、夜もすぐねちゃいます。

知育外遊びの方法は、たくさんあります。

以下の記事では、1歳の子でもできる楽しい外遊びをご紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

1歳の外遊び何する!?簡単にできるおすすめ7選!実は脳育効果も?
この記事では、1歳でも簡単に出来る外遊びを紹介しています。上手に歩けないお子様も、成長に合わせてチャレンジしてみてくださいね。外遊びにおすすめのおもちゃや便利アイテム、外遊びの脳育効果も紹介していますので是非一緒にチェックしてみてください。

まとめ

賢い子に育つには外遊びが欠かせない理由をご紹介しました。

今回の記事を簡単にまとめると外遊びで賢い子に育つ理由以下の通りです。

  • 赤ちゃん期の間接体験(保護者が赤ちゃんに語りかけをしながら外遊び)とその後の直接体験を繰り返すことで、脳が活性化しさまざまな能力を育てることができる。
  • 特に学習で必要な「応用力」「集中力」「忍耐力」などの力や運動能力も向上。
  • 心拍数が上がる運動や遊びを取り入れると、脳が刺激され脳が活性化される。

「短い時間から、すこしずつ、無理なく!」一緒に外遊びをはじめてみませんか。

すべての子供たちが、外遊びが当たり前になる環境であったらどんなにいいのでしょうか。

賢い子に育てるという目標は、単に勉強ができる子ではなく、精神的に強く、相手の気持ちを理解できる優しい心を育て、どんな境遇に置かれても道を切り開き幸せに生きていける力を育てることだと信じています。

子供たちの心が満ちあふれ、これからの人生が幸せであってほしいとねがうばかりです。

人生の土台作りは学びが多い外遊びだと言っても過言ではありません。

「外遊び」のすばらしさは・・・経験した子供たちが一番よく知っているはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました